よか石けん 感想

よか石けん 使用から2か月

よか石けんを使用して2ヶ月になりました。
チューブタイプも「そろそろ次のオーダーが必要かな」という感じです。

 

では、今の使い心地・肌の様子についてお話します。

 

まず使い心地なのですが、よか石けんはチューブタイプなので楽に使用できています。
清潔に保管できるので、やはりジャータイプよりチューブタイプで正解です。

 

ただ、今回学んだのですが、使用開始のときからきちんと後ろから押して取り出せばよかったなと思ったことです。
最初のうちから後ろから順番に取り出していなかったために、真ん中の部分がへこんでしまって、そこに容器のクセがついてしまって、後半になって、きちんと容器の形を修正するのに少し力が必要なだけでなく、再度後ろから出してもすぐに真ん中のへこみが邪魔して、そこに抵抗ができてしまいました。

 

使用開始から後ろから順番に容器を折りたたんでいくような感じで使うと、最後までキレイに使いきることができます。
それと、必ず逆向きに立てて保存してください。
横向きの保管は、最後のほうが固くなって出にくくなります。

 

化粧水は、いまは朝だけ使用しています。
コンディションの関係もあるのですが、夜の使用に関して「もっとしっとりしたらいいのに」と感じることが多くていまは朝だけの使用です。
乾燥するわけではないのですが、浸透力が少し物足りなく感じるようになりました。
朝の使用は、そのあとメーキャップに入るので、これくらいの感じのほうが化粧ノリもいいです。

 

美容液は、朝晩2回の使用ですがやはりほとんどありません。
朝は、1プッシュだけで化粧下地を塗っています。
あまりに大量に塗ると、ファンデーションの種類によっては、小鼻の横などが少しヨレが出るのです。
浸透までに時間を置けばいいのかもしれませんが、朝は忙しいのでできるだけ時間短縮のために朝は1プッシュです。
反対に夜は3プッシュです。夜は1プッシュでお顔全体を手のひらで覆って少し時間をおいて、次の1プッシュで細かいところに塗布して、最後の1プッシュで再度お顔全体を包み込んで時間をおいています。

 

このときに、お肌の状況のあわせて、もう少し美容成分がほしいときには混ぜて使用しています。
ジェルがしっかりしているので、どの美容液とも自然になじんで一緒に使用してもまったく問題ないです。

 

クレンジングは、ほかの化粧品に比べるともう少し使用できるほど残量があります。
化粧が薄いことも理由なのですが、ものすごく伸びがよくて乳化が早いので、そんなにたくさん使用しなくてもきれいに化粧を落としてくれます。
目と目の間・小鼻の横・あごなどは、油断するとざらつきが出やすいので、その部分だけは指の腹でマッサージするように丸く円を描いて化粧を浮き出させるようにしています。
あんまり気になるときには、クレンジングの前に蒸しタオルで肌体温を上げておいて、クレンジングの浮きをよくするように少し工夫しています。